いぼの切除を申し込み【ケアもしっかり行なってくれる】

自己診断ではなく医師へ

カウンセリング

いぼの切除で気をつけたいことは、ただ一つ。自分自身で治療を行うのではなく、 病院にしっかり足を運び、医師に診断してもらうことです。カッターやハサミなどで切除しないようにしてください。余計に大きな後になってしまう可能性があります。

Read More

進歩している治療とは

看護師

施術前の検査段階からいぼ切除の安全性は決まっており、尖圭コンジローマの対処法は群を抜いて進歩しています。その中には患者の都合に合わせられる施術もあるので、専門家に相談しそのメリットを十分に活かした施術受診をしましょう。

Read More

悩むより一度の手術を

医者

負担無く取り除ける

体のいぼでお悩みの方はたくさんいらっしゃいますが、医療機関で確実に除去することが可能なので是非相談してみましょう。小さなものであればレーザーで、一定の大きさを超える場合も切除術で取り除けます。メスで切除するとなると傷跡が心配になりますが、確実な技術できれいに縫合されるため傷跡が残ることはありません。切除術でリスクが伴うことは無いので、気になっているなら治療を積極的に考えてみましょう。いぼ治療は皮膚下で受けることができますが、美容を重視した治療を求めるなら美容外科を選択する手もあります。美容外科でもいぼ治療は盛んに行われていて、切除術に対応している施設も多数存在しています。美容外科が美を追求する施術を提供していることは言うまでもありませんが、切除する場合でも美容的観点を重視して治療にあたってくれます。施術後のダウンタイムも個人の状況に合わせて細やかに診てくれるため、凹凸などが全く気にならないきれいな肌になるでしょう。いぼ切除術はメスを使用した施術の中でも比較的難易度が低く、1時間もあれば全ての施術を終了させることができます。局所麻酔が施され、患部の大きさに合わせて皮膚を切り取り縫合するだけなので、過剰に構える必要はありません。抜糸後一定期間傷跡が残りますが、白みがかった線となって薄く現れるため、顔に施術する場合でも生活に支障を与えることは無いでしょう。一定範囲の組織を取り除くので多少のへこみを感じることもありますが、それも時間とともに目立たなくなっていきます。2ヶ月から3ヶ月程たてば完全に患部は落ち着き、施術を受けた本人でも切開跡の判別は難しくなるでしょう。日帰り手術となるため、施術直後のセルフケアに不安を感じることもあるでしょうが、特別なことはしなくても大丈夫です。縫合箇所を避ければ翌日から化粧をすることも可能ですし、洗顔もできます。術後は美容外科でもらえる保護テープを貼ってカバーし、摩擦や圧迫などに一定の配慮を置いていれば良いだけなので、深刻に考える必要はありません。費用はそれぞれの美容外科によって価格設定が違ってくるため一概に明言できませんが、比較的小範囲であれば5万円程で受けることもできます。余裕を持って10万円程の見積もりを立てておけば十分賄えるでしょう。いぼ治療においては、どのような手法が選択されようとも過度に恐れることはありません。切除術が必要と判断された場合でも、医師からの説明で不安は払しょくできるので、まずは気軽に美容外科でカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

皮膚のレーザー治療

顔を触る人

いぼの切除はレーザーを使用します。切除当日は洗顔やスキンケアは禁止です。翌日以降は水でしっかり洗い軟膏を塗りテープを貼ります。いぼの切除は保険が効かず全額自己負担です。その為、病院で費用の総額をしっかり確認して下さい。

Read More

お肌の症状を改善

医師

首などにできやすいいぼの症状は切除することによって対応しますが、治療法は複数あるので理解が必要です。よく行われるのは保険が利用できる熱を使った治療法ですけど、レーザーを使ったやり方も負担が小さく人気があります。

Read More

Top