いぼの切除を申し込み【ケアもしっかり行なってくれる】

皮膚のレーザー治療

顔を触る人

皮膚の悩みは治療できます

顔や首にいぼがあると老けた印象を与えてしまいます。いぼには紫外線や加齢が原因の老人性やウィルスが原因のウィルス性等、種類があります。現在、いぼの切除は美容皮膚科や一般皮膚科で受けられ、いずれも日帰りで治療を受けられます。いぼの切除には主にレーザーを使います。レーザー治療は専用の機械を使用し、これらは大きく分けて二種類のタイプがあります。まずは色選択式レーザーです。これは特定の色にだけ反応するレーザーを利用するし、レーザー脱毛や赤ら顔の治療もこのしくみを利用して行われます。いぼを除去する時は黒色に反応する機械が使用されます。このレーザーの一番のメリットは色の無い所には反応しないので健康な皮膚を傷つけない事です。また、皮膚に傷がつかず一回で広範囲の治療が可能です。加えて、希望すれば茶色いシミも同時に治療可能です。もう一つのレーザーは皮膚を深く削る事ができるのが特徴です。放置して大きくなった物や老人性いぼの様な凸凹がある場合はこちらを使用して治療されます。このタイプのレーザーの代表は炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスレーザーは切除する物の大きさによって皮膚を削る深さや面積、削る形を調節できるメリットがあります。難点は皮膚を深く削るので痛みを伴う事です。もちろん切除の際は麻酔を行うので安心ですが、人によっては治療直後に強い痛みを感じるかもしれません。心配な人は事前に医師に相談してみて下さい。皮膚を削っていぼを切除した際は一週間ほどケアが必要になります。まず、切除した日はメイク、洗顔やスキンケアは禁止です。また、術後に貼ったテープは剥がさないで下さい。翌日以降、傷口は細菌感染防止の為に毎日水できれいに洗い、乾燥しないように軟膏を塗りテープを貼り替えて下さい。テープをしていればメイクも可能です。経過観察期間は約一週間ですが、傷を残さな為にはその期間のケアが重要です。医師に指示された事は必ず守って下さい。一週間後、医師の診察を受けます。傷がカサブタが取れた後の様な薄いピンクがかった状態になっていれば良好な状態です。いぼの切除は簡単ですが見た目をよくする為の治療なので保険が効きません。費用は全額自己負担ですので費用をしっかり把握してから治療を受けて下さい。病院ではいぼ一つあたりの値段が決まっている場合や一定範囲の治療でいくらと決まっている等、病院によってシステムが違います。トラブル防止の為にも治療前に支払の総額を医師に確認してください。

Top