いぼの切除を申し込み【ケアもしっかり行なってくれる】

進歩している治療とは

看護師

尖圭コンジローマの対処法

肉体にメスを入れる施術を施す場合、事前に血液検査を行う事で安全性を高められるメリットがあります。いぼの切除手術が特にこの影響が大きく、いぼの一種である尖形コンジローマの場合は事前検査の内容が男女で多少の違いがあります。男性の場合は、陰茎にある尖形コンジローマの一部を採取し病理検査を行い、女性の場合はこれを子宮に対しても行い併発している病気を調べます。その後、安全が確認できたら、いぼの切除手術を行いますが、尖形コンジローマの場合は多くの症例が3mm以下の大きさなので、電気メスによる施術が用いられます。電気メスは5mm以下のいぼ切除を再発を防止しながら行えるので、一番施術の出来栄えが高くなる点を留意してください。さらに高い再発防止率を期待するならば、電気焼却手術と呼ばれる方法もあり、こちらは患部の組織を焼却した上で剥離した物をメスで切除します。その後再度患部に対して放電を行うので、いぼの細胞が死滅する確率は高いレベルに安定している施術方法です。施術機関は6か月以上の長期に渡り、安定した除去能力と専門家のサポート能力が調和しているため、十分なスケジュール準備をお勧めします。尚それほどスケジュールに余裕がない方は、尖圭コンジローマをダイオードレーザーで除去してもらってください。ダイオードレーザーは他の電気の力を利用した切除装置よりも、比較的短期間で切除していける利点があります。さらにダイオードレーザーによる切除は、ダウンタイムが一切存在しない上に、施術後当日にメイクや入浴ができる利便性があります。また術後の通院も術後1週間後と1か月後の2回だけなので、術後の日常生活はすぐに安定レベルに推移していきます。ただし患部の切除をもっと確固たる安定性の中で受診したいという声もあるので、その場合は凍結手術による切除が最適です。この方法は液体窒素を綿棒でいぼに付着させ、患部の細胞を壊死させ最後に医療用ハサミで細胞を切除し仕上げを行います。メリットは保険診療内の治療なため、費用が健康保険の影響で一部負担になり、低価格で美容手術を受けられます。最近では画像診断装置で患部を確認しながら細胞を壊死させていくので、患部周辺の肌への影響が軽微になる程技術力が進歩しています。さらに凍結作業は細胞に対してのみ行い、局所浸潤麻酔も行うので痛みが極端に少ない施術方法です。そのため美容目的だけでなく、高齢者の方が健康目的で受診するケースも多いので世界的にも施術事例が多く、安心して施術を受診できます。

Top